スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウル4デビュー&使用キャラ(ロレント・鬼)攻略

バーチャしなくなって3ヶ月くらいかな。
ニュートン杯を最後にやってないから、恐らくそんなもん。

とはいえバーチャを嫌いになったわけではなく、勿論ゲーセンも嫌いではない。
しかし、軒並みゲーセンは閉店し、横須賀のゲーセンは件数こそ変わらないもののバーチャ設置店舗はもう無い。
足が遠のくのもしょうがないかなとも思う。

という状況だったのですが、ウル4は興味があり時間があればプレイしたかったのですが、イマイチきっかけがね。

そんな中、友人がゲーセンでウル4プレイ中の情報を得て、これ幸いと自分も参戦。

正直、スト4~スパ4までしっくりくるキャラがいなかったんだけど、wao氏の狂オシキ鬼(以下鬼)に惚れてから家庭用で鬼を練習して使用キャラにする。

それとウル4新キャラのロレントの動きが最高。
ストZERO2でロレント使ってたのもあるけど、キャラ紹介のジャンプレバー下中キックからの表裏二択に完全に持っていかれた。

というわけで、ゲーセンでのウル4デビュー時に使ったロレント、鬼の所感を書こうかなと。
ただ鬼についてはウル4で変わった点のみ紹介で。

あー、一応注意というか、今のところまだ一日しかプレイしておりませんので、浅い経験とアルカディアの知識で書いてます。
全然違うということは無いと思いますが、参考までにって感じでご覧下さい。


*****ロレント*****

□通常技

・立小P
色んな連携の起点。
ヒット時の有利フレームが大きく、下中Kにつながるので立小P×1~2→下中足からヒット確認してパトリオットサークルまで当てる感じ。
あとそれなりにリーチがあるので確定反撃として使って下中足につなげても良さげ。

・立中P
ZERO2からお馴染みの対空。
とはいえ遠目からの飛込みには機能しづらいので、それには別の技を使う。

・近立大P
ロッド突き上げ。
キャンセルかかるので昇龍ガード時とかに確定反撃としていいかも。
あとはモーション上、真上に近い対空に使えるかも。

・遠立大P
2段技のロッド振り下ろし。
リーチも長いので、セビつぶしをかねての牽制にもってこい。
あとはちょい遠目の対空として、立中Pでギリ落とせないくらいのもいけるっぽい。

・立中K
リーチがそれなりのミドルキック。
軽めの牽制として使うくらいかな。

・立大K
アルカディア情報によると当てた後の有利フレームがでかく下中足につながるとか。
とはいえ出が早くないのを考えるとグラつぶしからつなげる感じかな。
あとは遠目対空。
対空としては近~遠の順に、立中P→遠立大P→立大Kかな。

・下中P
3段技。
それなりのリーチなので、グラつぶしの牽制に使ってもいいかな。

・下大P
かなりのリーチなので牽制技として使う。
リーチが長い故の欠点として、スキが大きく出が遅い。
モーションが長いので飛び込まれると終了。
また相手の下中Pなどの牽制つぶしにも弱い。

・下中足
リーチの長めの下段。
前述の連続技のお供に。

・下大足
スライディング。
その他のキャラと同じく先端当てるように使わないと危険。

・ジャンプ小P
横に強いので空対空に。

・ジャンプ中P
3段技。
対空狙いのセビつぶしの飛び込みに使用すると吉。

・ジャンプ大P
リーチが長く、ギリギリで当たっても下中足につながるのはロッド持ってるロレントの特権か。

・ジャンプ中K
めくりに使う。
判定が弱いので、通常技対空に一方的に負けることが多かった。
ただケツに判定があるので、変な使い方が出来るけど後述。


■特殊技

・ジャンプ中に下中K
下にロッド突き立て、っていうかホッピング。
今回のロレントの面白い技の一つ。
相手にヒットorガードさせた後、レバー入れた方向に跳ねて再度ジャンプ攻撃が出せる。
主に相手方向に跳ねてジャンプ大Pで表、ジャンプ中Kでめくり。
あとは相手を飛び越える様に飛んだ後に出して、相手方向に跳ねる。
ロレントは相手に背中を向けているが、前述のジャンプ中Kのケツが当たるので意表をつける。
画面端の起き攻めのアクセントにいい感じ。

弱点としては判定が弱く、ガードされた後に小P連打で簡単に落とされる。
小Pならまだしも、まことの吹き上げとか食らうと目も当てられない。
セビ対空にも弱いので、バレてる相手にはハイリスク。

ただこれを使ってるロレントは超面白そうに見える。

・レバー前入れ中K
その場ホッピング。
中段。
アルカディアのよると持続当てると立小Pにつながるとか。
地上から中段が出せるのは強いと思うので、使い道模索中。
空中判定になるらしいので、そこも使えそう。

・セービングアタック
下大Pのモーションなのでリーチが長い。
結構使える気がする。

●投げ

・ニュートラルor前投げ
ロッドを使った首狩り投げみたいな感じ。
少し歩いてジャンプすると、いい感じにジャンプ攻撃を重ねられる。

・レバー後ろ投げ
相手に手榴弾つけて背中を蹴っ飛ばす。
結構な距離が離れて起き攻めも出来ないので使いづらい。

◎必殺技

・パトリオットサークル(236P×3)
三回連続入力の連続技用の必殺技。
とりあえず一段止めなら反撃は受けにくい。
まぁ、そこら辺は他キャラの連続入力と一緒か。

・EXパトリオットサークル
ゲージ使うと一段技に変わるが相手を浮かせるようになる。
追撃としてはウルコン1か近立大P、立大Kあたりか。
近立大Pで追撃した場合、各種必殺技でキャンセルをかける事が可能。
後述のメコンデルタエアレイドでキャンセルかけるといい感じに重なる。
立小P辺りで追撃して相手が空中から復帰する間にダッシュで裏に回れたりしないか研究中。

また無敵もつくので相手の固めへの割り込みとしても使える。
ただ大きく前進するので対空にはいまいち。

・スティンガー(623K後にPかK)
一回目の入力では垂直ジャンプのみ、追加入力でナイフを投げる。
ボタンの違いは角度。
遠距離の牽制に使用する。
相手の飛び道具を一回目の入力で回避する感じで出すと良い。

ただし、投げたナイフは通常技で簡単に落とされる。
また着地硬直もそれなりなのであまり連発出来ない。

・EXスティンガー
モーションが早くなりナイフを3本投げつける。
ただし通常版よりジャンプが低く追加入力の受付も短いので、通常と同じ感じで入るとゲージを無駄使いした小ジャンプで終わるので注意。

・メコンデルタアタック(PPP同時押し後にP)
一回目の入力でバック宙し、追加入力で前転で突進。
追加のボタンの違いは突進距離の違い。
バック宙には少しの無敵時間があるので、若干の回避は出来るが過信は禁物。
中間距離でバック宙しつつ、相手の牽制の空振りに突進を当てる感じか。
そんな使い方をしつつ、小の前転で相手の前で止まり投げるのも有効。

ガードされると距離が離れるがリーチの長い技を持っている相手には普通に反撃される。
またバック宙部分を連発してもゲージは貯まらない。

・EXメコンデルタアタック(PPP同時押し後にPPP同時押し)
多段ヒットする様になるので(5~6ヒット)最後の削りに強い。

・メコンデルタエアレイド(214P後にP)
一回目の入力で後転してから追加入力でジャンプ大Pを出す。
ヒットすれば地上技につながる。
相手の飛び道具を飛び越えたり、起き上がりのリバサ昇龍などを誘う感じか。

・EXメコンデルタエアレイド
後転が完全無敵になる。
起き攻め回避に最適。

・メコンデルタエスケイプ(214K)
自分の背中側の壁に向かって三角飛びする。
その後は通常技が出せる。

が、普通に使っても落とされるだけなので、飛び道具を読んで出すか、対空誘って早目のジャンプ下中Kで着地するとか考えて使う必要アリ。

・EXメコンデルタエスケイプ
壁につくまでは完全無敵。
画面端に追い詰められてる時に出すと早く壁につくので、あっさり落とされる時がある。
ただ回避能力は抜群なので、起き攻め回避に最適その2。

☆スーパーコンボ

・マインスイーパー(214214P)
後転しながら爆弾4連発。
ZERO2の時は出が遅く全く使い道が無かったが、今回はそれよりは出が早くなった。
ロレントはゲージを回避に使いたいので、あまり使わない。
使うとすればパトリオットサークル2回目からスーパーキャンセルで連続技にするくらいか。
それなりに減る。

★ウルトラコンボ

・パトリオットスイーパー(236236PPP)
EXパトリオットサークルのモーションでロッドを振り回す。
地上、空中問わず当たれば乱舞に移行。
無敵があるので割り込み、対空に使える。
ただし対空に使う場合、前進するので距離に注意。

主な用途はEXパトリオットサークルからの連続技。
ただロレントの連続技はヒット数が多く、そこからさらにつなぐので威力が低く思える。
また、EXパトリオットサークルで浮かせた後、最速で出すとスカります。
なので、少し遅らせるというか、引きつけないと当たらないので注意が必要です。

どうでもいいことだが、演出内の手榴弾の爆発で体力が0になってもKOにならず、爆風で吹っ飛んでから地上に落ちた瞬間にKOになるので、一瞬1ドット残ったか!とか思ってしまう。

・テイクノープリズナー(236236KKK)
ZERO2で唯一使えたスパコンがウルコンに昇格。
発動すると地面をワイヤーが走って、当たると相手を空中に吊り下げる。
ZERO2と同じく相手の飛び道具を見てから当てられるので、相手に飛び道具を打つのをためらわせられる。

新たな使い道としては連続技。
以外にもウルコン1より出が早いので、立小Pや立大Kからつながる。
立大Kはともかく立小Pからは入力上なかなか難しい。


<<<とりあえずの総括>>>

ゲージは回避行動に使いたいので、常に1つはキープしておきたい。
小足、下小P、立小Pなど連続技にいく機会が多いので目押しは要練習。
ジャンプ行動が多い分、相手も対空に意識を払っているので安易に飛べない、よって地上戦重要。
ウルコンはどちらも使い道があるので、困ったらウルコンダブル。


*****狂オシキ鬼*****

言いたい事は一つだけ。

ウルコン2の「天地双潰掀」のコマンドがヨガ×2から逆ヨガ×2に変更になっているから気をつけろ!

ただこの変更は素晴らしく助かる。

なぜなら以前まではEX昇龍に化けまくってたから!

それだけ。


まぁ、そんなこんなでちょこちょこウル4やっていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いいね
プロフィール

みやび

  • Author:みやび
  • 新旧問わず格闘ゲームを愛し知識も深いが、好きなゲームがマイナー過ぎて対戦相手に恵まれない男。
    報われない努力と知りつつも今日も今日とてコンボを研究する。


フリーエリア
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。