スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガルキマサラタウン

YOUTUBEに上げた動画でリオンの2P+K4をガードするも、その後の背後Kに手を出して負けるのがあるんですが。

そこで家庭用で2P+K4後の背後Kと8P+Kの逃げ対策考えました。

安定:立ちP
背後Kに勝てる、8P+Kの逃げにはPスカりの後、確認してミドルで背後崩れ。
ちなみにこの背後崩れに入れるコンボは46K+G→立ち途中K→レバー入れP→9KKが良いかと(ダメージ87)。
最後を立ち途中P+KPにすると2発目が入りません。

対抗:しゃがみダッシュからの3K+G or ミドル
背後Kが見えたら3K+G、8P+Kにはミドル。
これだと背後Kにもリターン取れます。
注意点は、しっかりしゃがみダッシュすること。

ボツその1:PK
8P+KにもPKのKが当たるが距離が離れているため、構えたら終わる。
まぁ、通常PK当てて-1だけど、側面になるんで+2っていうそこだけですかね。

ボツその2:PP~
PPこすって、8P+K見えたらKKまで発射。
Pがスカった後、背後硬化にPKK部分が当たります。

ボツその3:1KK
パイの背側に壁があった場合、壁コンやリングアウトが狙える。
相手が受け身を取らなかった場合、ダッシュして下P→6KP4K→立ち途中K狙えます。
足位置や2P+Kをガードした時の距離によって、2KKの一発目がスカる。
そうすると、その後のダッシュの距離によって6KP4Kで相手が叩きつけにならない。

こういうことがすぐ検証できるって家庭用は便利だなぁ。

では、また。
スポンサーサイト

パイオフ会に参加したー

過ぎし日の9月2日、大山ニュートンで開催されたパイオフ会に参加してきました。
バーチャは4からやってますが、キャラのオフ会に参加したのは初めてです。

関係無いけど、このキーボード、「HOME」と「END」キー無いのね…。

脱線しました、すいません。

大会自体は2回戦で何事も無く消えていったので、パイネタと言いますか、気づいた点をいくつか。

・避け下段投げ抜け重要
2K+Gとか朴腿Kとかガードされて下段投げゆとってると3K+G食らう、当たり前ですが。
なので-15とかでは大ダメージ防ぐために避け抜けした方がいいかも。

・ゆとりぼっ立ち安定
パイの弱点ですが、相手の立ちにダメージ取るのがきつい。
まぁこれはどうしようも無いので、逆にパイ相手にわかんなくなったらゆとりましょうって事ですね。

・壁平行ネタ
パイ壁背で1K+G(よろけ)→466P+K(くずれ)→46K+G→6KPK(壁もたれ)→6K+G→25P+KP。
これで124ダメ、6KPKで壁もたれは初めて知りました。

両者壁平行からOMして3PK2(壁よろけ)→25Kで壁貼り付けてからはいつもの。
これも知らなかった。
ただ2K+Gと違ってガードされても確定無い分いいかも。

知ってたらごめんなさい。

そんなことより重要なのはプレートの「パイ萌え勢」が当たったことですよ!
「あさぽん勢」と「パイ萌え勢」との二択とか、こんな贅沢な悩みは無いですよ、ええ。

とりあえず現在のパイ段位ですが、ゲーセンでは名人、家庭用では猛将。
やっぱりゲーセンの段位のほうが適正段位な気がするので、~将クラス目指して頑張ります。

ボンボンさん、オフ会運営お疲れ様でした。
次回ありましたらまたよろしくお願い致します。
プロフィール

みやび

  • Author:みやび
  • 新旧問わず格闘ゲームを愛し知識も深いが、好きなゲームがマイナー過ぎて対戦相手に恵まれない男。
    報われない努力と知りつつも今日も今日とてコンボを研究する。


フリーエリア
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。