スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOA5@こころ攻略 その1

あんまり流行ってないんですかね、DOA。

自分は一応4もやってて、その頃からこころを使用していました。
まぁ、末期だったのとバーチャメインなのもあってネット対戦はしてませんでしたが。

さて、ネットでDOA5攻略を検索しても、あまり引っかからないので、自分が使ってるキャラくらいは載せようかなと思った次第です。

先にも書きましたが使用キャラはこころ、格闘スタイルは八極拳でバーチャで言うとアキラですかね。
まぁ、DOA5にはアキラが存在するんですがね。

これから書く記事はほぼ5デビューの自分の感覚なんで、参考程度に捉えて頂ければ幸いです。

**************

さて、基本の3すくみとかは流石に省きます。
こころのメインウェポンやコンボ、立ち回りを自分視点で。

バーチャ勢に馴染みの無い「T」って言うのは投げです。
このゲームでは投げがTボタンかF+Gのどちらでも出ます。

■主力技

・66P(中段P属性)発生14 G-4
通称リモン、ヒジでの突進、ノーマルでクリティカル発生。
2キャラ~2.5キャラ分くらい踏み込む。
ガードされたらファジーか避け抜け。

・P派生 発生10
PK(上→中K)
PKP(上→中K→中P) 最後の中Pヒットで浮く、ノーマルで軽量級には6KP→2KPが入る。
PK2P(上→中K→下P) 最後の下Pヒットでクリティカル。
PKK(上→中K→上K) 最後の上段Kヒットで後ろ向かせ、ただしその場からは何も届かないのでダッシュ66Pやコマ投げを狙うが吉。
PK4K(上→中K→中K) 最後の中段Kヒットでクリティカル、でも自分が背向け状態なので背後2P+Kで浮かせるか、背後2KKで択を迫るのが良いかと。

P2K(上→下K)
P2KP(上→下K→中P) 最後の中Pヒットでダウン。
P2KT(上→下K→OH) 最後がキャッチ投げの閉肘、閉肘の性能は後述。

・PP派生
PP6P(上→上→中P) 最後の中Pヒットでクリティカル。
PPT(上→上→OH) 最後がキャッチ投げの閉肘。
PP2KK(上→上→下K→下K) 下Kの初段も2段目も当てて不利、Gで下段投げ確定なので使用価値は低い。
これを見せての下段投げが本命になるかと。

・1K派生 発生18
P派生と一緒だが、初段の1Kが下段なので使いやすい。

・3K派生 発生15
PK派生と一緒。

■浮かせ技

・4P+K(上P)発生19 G-9 ノーマルで高く浮く。上段で当たりにくいので、クリティカル後に。

・7K(中K)発生18 G-11 こちらもノーマルで浮く。こちらが背向けなのでコンボは背後P6Pから適宜。ガードされて背後投げ確定。あんまり知られてないので、しゃがみ振り向きで少し抵抗を。

・33P+K(中P)発生21 G-11 こちらもノーマルで浮く。出が遅いがやや上段をすかす。が、それに期待するとPPとかにひっかかる。


■投げ

・T(F+G)発生5 ダメージ40 早い、けど抜けられる。でも使う。壁に追い詰めて出すと50にダメアップ。

・6T 発生7 ダメージ45 ちょい早い。壁際で55にダメアップ。

・66T 発生10 ダメージ52 壁際で62にダメアップ。個人的には6Tでいいと思ってます。

・214T→4T→46T 発生12 投げコンボで65 これは壁際で出すと相手を中央に戻してしまう。相手のホールドにかみ合うとハイカウンターでダメ95。

・閉肘 PPTとかP2KTとか特定の打撃連携の途中でTでキャッチ投げ 崩し中にP、P+K、2Pで打撃が出ます。最初はP+Kか2Pの2択で良いと思います。 


★最初のうちは&よくわかんない人のために

とりあえず、距離が空いたら66P、有利になったら66P。
相手が露骨にホールド狙いだしたらPKPかPK2P、もしくは1KKPか1KK2P。
最後がKの派生は最初のうちはヒット後に迷うので忘れていいです。
もちろん投げでもOKです。

ある程度、連携が当たったら浮かせ技当てて〆。
コンボは以下の感じがおススメ。

・4P+K
9P×1~3→P2KP 9Pで刻んで適当なところでP2KP。
6KP→P2KP これも簡単。

・7K
背後P6P→P2KP 背後P6Pの時点で浮きが低かったら2KPに切り替え。安定なら背後P6P6P。

・33P+K
9P×0~2→P2KP 浮きが低いのでコンボは抑え目で安定重視が良いかと。


□大ダメージを取ろう

大ダメージを取るにはやはりバーストを狙う事になります。
こころのバースト技は7P(中P)。
バーストはクリティカル状態の相手に技を当て続け、赤文字でクリティカルスタンと表示されたところに7Pを当てると発生します。
バースト状態はガードもホールドも不可能、かつ当たった技がハイカウンター扱いになります。

でも、クリティカルスタンの表示とかよくわかんないし見てられないですよね?
なので、ここまで当てた後に7P当てるとバーストっていうおススメ連携を紹介します。
なお、初段は必ずクリティカルが発生する66Pに固定します。
で、66Pヒット後にホールドされにくいようにいくつかの属性に分けます。

○上段から
・66P→PK2P→7P 
・66P→PP6P→7P 

○中段PKから
・66P→6P6P→7P
・66P→6KP→7P

○下段から
・66P→1KK2P→7P
・66P→1PPP→7P

○例外
・PPTやP2KTの閉肘P+K→7P

上記は一回の連携で狙えるので簡単です。

もちろん、最後の7Pは大本命なので相手もホールド狙ってきます。
そのため〆は7Pを中心に、各種浮かせ技を割り振りましょう。


さて、あんまり長いと読みにくいんで今回はこんな感じで。
しばらくはこのブログでこころ攻略していこうかと思います。

ではまたー。
スポンサーサイト
プロフィール

みやび

  • Author:みやび
  • 新旧問わず格闘ゲームを愛し知識も深いが、好きなゲームがマイナー過ぎて対戦相手に恵まれない男。
    報われない努力と知りつつも今日も今日とてコンボを研究する。


フリーエリア
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。